ぬくもりある商い

■人がいてモノがある、ぬくもりの店々

 昔ながらの茶箱が並ぶ茶葉屋さん、小豆をはかり売りしている乾物屋さん、いきのいい魚がところ狭しとならぶ小さな魚屋さん。
三津浜の商店は、どこも気取りのない懐かしい雰囲気が魅力です。豪商が活躍した時代の活気はないけれど、お店のおばちゃんのあったかい笑顔との出会いに気持ちもふんわり。本当の暮らしの豊かさが見えてきます。

■風格のある建物で昔ながらの醤油づくり

 商港としての昔の繁栄がしのばれるのは、醤油屋さんと菓子屋さんの多さ。原料となる大豆や塩、砂糖が港に集められ、製品化されて各地に出荷されていたのです。特に80年、100年変わらぬ建物と製法で造りつづけている醤油屋さんは、聞けば歴史や工程などを教えてくれる博物館スポット。醤油の香りのただようなか、ゆっくり話に耳を傾けてください。

■三津浜風


三津のお好み焼きは広島風に近い。 違う点としては
1、そばやうどんを入れてもらうときは、「台付き」と注文する。
2、もやしを入れない。
3、両面をしっかり焼いた後、最後に二つ折りにする etc.
  クレープ状の生地に竹輪やかまぼこ、たっぷりのキャベツが入っている。 豚肉や卵を基本に、イカエビなどのトッピングは店によってそれぞれ。多くの店は鉄板の上で小型のテコ(ヘラ)で食べられます。 (もちろん、箸と皿も出してくれます) 鉄板の上であつあつのお好み焼きを是非ともご賞味あれ

 
 
TOPICS
ぬくもりある商い
お好み焼き
味噌・醤油
お菓子
寿司
趣のある店
職人の技・匠の技
ギター
表具
船具

 

 

 

 

 

 

 

 




このサイトは、三津浜応援企業により運営されています。ご意見ご感想はこちら
Copyright(C)2006 三津浜応援企業All rights reserve